ラットが斜頸に。。。でも元気になりました!

紹介していませんでしたが、去年12月にお迎えしていたファンシーラットの茶々。

今月で生後5ヶ月、雄。

環境にもすぐに慣れ、元気に過ごしていました。

が、お迎えから1ヶ月を過ぎたある日。

茶々の頭が右に傾いていることに気づきました。

斜頸になってしまった!?

結果から申しますと、知っている方もいると思いますがラットによくあるらしい病気の一つ、斜頸(しゃけい)です。

斜頸は内耳の炎症、または脳の障害が原因らしい。。。

 

実は斜頸だと気づく数日前

いつもと違い食欲がなくなり巣箱に引きこもるように。

おやつは手からは食べるもののご飯のお皿に同じおやつを入れても一切食べない。

また明らかに足を引きずるような歩き方をしていました。(この時点ではまだ体は傾いていなかったです)

 

部屋んぽに出してみてもヨチヨチ歩きで、何もないのにゴロンと転んでしまう状態。。。

動物病院では原因わからず

次の日に動物病院で診てもらいましたが原因不明。

ご飯についてはおやつでもなんでもいいので食べるものをあげてくださいと。

とりあえず抗生物質が入った薬を5日分頂いて様子をみることに。

しかし、日に日に体の傾きがひどくなっていきます。

 

わかりづらいですが、右に傾いてしまっています

 

グーグルで色々調べてたどり着いたのが、「斜頸」という病気でした。

いま考えると食欲がなかったのも斜頸が原因だったのでしょう。

傾いていることでバランスが上手く取れずご飯を食べれなかったり水を飲めなかったりするようで

茶々はまさにその症状で手から小さなおやつは食べれるけど大きいものは食べれない。

お皿に入っていると自分で取ることができない。

斜頸でも慣れれば自分で食べれるようになるみたいですがそれまでは飼い主の補助が必要、ってことですね。

 

とにかく栄養があるものをあげようと

バナナをすり潰しヨーグルトに混ぜてみたり

ペレット団子にペットミルクを混ぜてみたり

色々試しましたが一口食べておわり。。。

栄養補助剤で元気に!

結局いろいろ調べて犬用の栄養剤、スタミノンにたどり着きました。

ハムスターやチンチラに与えている方がいたのでチャレンジ。

これがね、もうね、大当たり。

ゼリー状の栄養剤で毎日数回にわけてあげていましたが食いつきがすごい。笑

美味しそうにペロペロ舐めてました。

そして徐々に茶々も傾きに慣れペレットも食べるように。

部屋んぽも今まで通り傾きながらも楽しそうにしていました。

完治しなくても元気ならそれでいい、と思っていましたが

なにやら毎日傾きがマシになっていき。。。

 

なんと今ではほとんどわからない程度に!!!!!(というか、わからない)

 

ご飯もたくさん食べて水もたっぷり飲んでうんちもおしっこも良好。

 

しかも今までうんちは至る所にしていたのに突然トイレを覚えるという奇跡。

おしっこは5割くらいで外してますけどね。笑

 

とにかく元気になってくれて本当に良かったです。

 

斜頸になってもあきらめないで!

  • 歩き方が変、よく転ぶ
  • 食欲がない
  • 外に出しても動かない

もしラットにこんな症状があれば、まずは病院へ。

抗生物質で治ることもあれば、うちの茶々みたいに時間とともに良くなっていくかもしれません。

とにかく、食べるものを何でも与えること。

何も食べなければ、「スタミノン」などの栄養剤も試してみてください。

コメント

  1. こんにちは
    はじめまして、私もラットを飼っていまして斜頸になっています。
    抗生剤、ステロイド治療で2週間ちょいになりますが悪化で…
    ただ、歩き方がおぼつかない、傾いてる意外は元気なのが救いです
    物凄く不安で…
    でも、うまく付き合っていければ良いかという気持ちになりました。
    茶々ちゃん治って良かったです(●´ω`●)

    • うし子 うし子 より:

      ハウ君様
      返信が遅くなりまして申し訳ございません。
      うちの子はもう傾いた状態が普通って感じて、けろっとしています。
      最初は不安でしたが、 ラットも飼い主も慣れてしまいました笑