起業準備期間は辛いよ。。。時間だけが過ぎてゆく

突然ですが、サラリーマンをしながら起業準備をしている方はとても大変だと思います。

 

仕事が終わってからや休みの日に事業の準備をするのは肉体的にも精神的にも相当な負担になると思います。それでいて本職に影響が出ないようにしなければならない。

 

想像するだけで大変そうです。。。

起業準備には時間がかかる

私は仕事辞め、色々と迷いましたが再就職をせず起業準備に取り掛かったのですが、当然起業準備というのはトントン拍子で物事が進むわけではなく。

 

見積もりに1週間とか普通にかかるわけです。海外からサンプル取り寄せるのに1ヶ月とか。

 

やることやらなきゃいけないことは大量にあるのですが、その全てが複雑に絡み合っていて、例えば見積もりが来ないと助成金や融資申請のための書類が作れない、サンプルが来ないと取引先やデザインの最終案が決まらない、デザインが決まらないとサンプルすら作れない、、、、、

 

しかもこれらがある程度決まらないと正確な事業計画が作れない。

 

正確な事業計画書が作れないと融資を受けられる確率が減る。

 

融資が受けられないと事業そのものが実現不可能になる・・・。

こんな感じで、とにかく時間がかかるんですね。特に創業融資を確実に受けたい場合は。

 

見積もり待ちやデザイン待ちの期間は、他に特にできることも見つからず、ただ時間だけが過ぎていきます・・・。

 

日々の暮らしだって、節約はしていても当然お金がかかります。

 

毎日少しずつ減っていくお金・・・・

自己資金が減ると融資に悪影響が出るわけで。

 

かといって下手にアルバイトなんかしてしまうと、起業そのものがなあなあになりそうな気がして…

 

やるべきことは大量にあるけど、今できることがない。側から見るとただのニート。。。。

辛い…

この独特な辛い気持ち、起業準備中の方しかわからないかもしれませんね。

出来ることから少しづつやるしかない!

とにかく、パズルのピースを埋めるように確実にできるところから1つ1つ埋めていくしかありません。出来ることが無いように感じても、徹底的に事業内容を洗い出せば今すぐ取り組めることが見つかるはず。

 

例えば商品のキャッチコピーを考えたり、銀行口座の開設をしたり、HPのレイアウトを考えたりとか。

 

特にHPのレイアウトやコンテンツなどは、早い段階から枠組みを考えておけば後々役に立つと思います。

コメント