東京都の創業助成事業という助成金に申請して見事に落ちた

初めての助成金申請!

平成29年11月1日〜9日までの間、東京都の助成金である創業助成事業の申請受付がありました。

東京都中小企業振興会

この助成金は今年で3回目で、毎年2回の募集がある比較的新しい助成金のようです。

採択率は30%ほどと割と高めらしいので、チャンスがあるかな?と思い駄目元で応募してみました。

なおこの助成金は、事業を推進していく中でどのような社会貢献、地域貢献ができるかを重視しているみたいです。

 

そこで当初計画していた製品を海外OEM生産ではなく国内OEM生産に変更し、最近薄れつつある「メイドインジャパンの復権」と、年々少なくなる「日本の製造工場の活性化」の二本を事業の柱とした、新たな事業計画を考えました。

 

ただ、助成金ありきで事業計画を作るとどうしても「助成金に採択されるための事業計画」になってしまい、一番大事な「自分が儲ける」「自分がやりたいことをやる」という部分が非常に疎かになってしまうのを感じました。

 

今回の申請にあたり作成した資料は、申請書とは別のパワポで作った事業計画書、月次損益計算書、資金繰り表、商品の種類と原価等をまとめたリスト、毎月の売上の根拠書類などです。

 

提出書類はわかりづらいものが多く、A4自由形式で、としか書いていないものも…

 

特に、「平成29年に開業したことを説明する書類」なんて意味がわかりませんでした。

なんとかワードでそれっぽい書類(私は9月に開業届を出し〜みたいな極短い文章)を作り提出しました。

 

そして提出後、書類を見直すと間違いがあったり、やっぱりこうしておけば・・・みたいなことも多々ありました。

 

今後の流れは、

  1. 書類審査
  2. 面接
  3. 交付決定
  4. 事業開始〜

という感じです。まずは書類審査の結果待ちです。

それぞれの審査にかかる期間などは調べても出てきませんでした。何か進展があれば報告して行きます。

追記:審査に落ちました(泣

提出してからおよそ2ヶ月になろうかという頃、封筒が届きました。

中身を見てみると「残念ながら不採択となりました」の文字が・・・。はい、見事に落ちました。悔しい。

助成金に申請してみて思ったこと

やっぱり助成金の申請ってお金がかかってるから本気でやれるし、なにより助成金申請のため事業計画書や資金繰り表など様々な書類を作ったことで、より自分の事業を具体的に考える非常にいいきっかけになったと思います。

 

ただ、助成金はあくまで目的(事業の成功)のための手段に過ぎないということも忘れないようにしましょう。助成金を受け取ることが目的になってしまうと、自分が本当にやりたいこと、やりたい方法が制限されてしまいます。

 

今回作った書類を元に、次は創業融資にチャレンジします!

 

今後の目標:目指せ融資200万!!!

 

追記:融資相談に行きました

政策金融公庫で融資の相談をするもやんわりと断られる
本日、事業を進めるために日本政策金融公庫に融資の相談に行ってきました。 政策金融公庫での融資相談の流れ まずは電話で予約します。電話では簡単に 現在の職業 やろうとしていること なんかを聞かれました。 ...

コメント